キャッシングは難しい キャッシングについて分かりやすく説明。

ローン契約時に押さえておきたい基礎知識

今日、銀行や消費者金融等様々な金融機関がカードローンやフリーローンといった、
主婦や学生でも利用できるローン契約サービスを提供しています。
誰でも簡単にお金を借りることができるようになった一方で、
無計画にお金を借りて破産する人も少なくありません。

そこで、ローン契約を締結する際には、
最低限の知識をもって契約内容を理解する必要があります。

カードローンなどの契約時は最低限金利はチェック

まず、もっとも重要なのは、金利です。
数年前までは、利息制限法の定める利息額を超える利息を契約で定める
消費者金融がほとんどでした。
現在では、どの金融機関も利息制限法の規定を遵守していますが、
それでも各金融機関で利息が若干異なります。

一般的に、銀行のカードローンやフリーローンの方が低金利が設定されています。
また、借入可能額によって利息を定めている銀行もありますので、
多額のローンを組む必要がなくても、審査が通るのであれば、
できるだけ高額のローン契約を締結した方が得になります。

カードローン契約時には月々の返済額と返済日に注意

次に注意する必要があるのは、毎月の返済額、返済日です。
ローン契約においては、通常、前月までの借入れ総額に応じた
返済額が定められています。

例えば、借入額が50万円までであれば月額1万円、
借入額が100万円であれば月額2万円などです。
この返済額には、元本返済額の他、前月までの借入総額に対する利息も
含まれますので、元本が毎月1万円ないし2万円ずつ減っていくわけではないことには
注意をしなければなりません。

これまで述べてきたカードローン契約やフリーローン契約の場合、
通常担保を設定する必要はありませんし、保証人も必要ありません。
その代り、保証会社が保証をしてくれることになるので、
保証会社がどこであるかも意識する必要があります。
返済を怠った場合、保証会社が代位弁済をして、
それ以降は保証会社から弁済を請求されることになりますが、
この時の利息、遅延損害金の額は、必ずしも当初の金融機関との間のローン契約で
定められた利息、遅延損害金とは限りませんので、
保証会社に関する契約条項についても十分その内容を確認する必要があります。